グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  これで解決!あなたのギモン >  長引くセキ >  このセキを何とか止めて!

このセキを何とか止めて!


このエントリーをはてなブックマークに追加

これだけは知っておきたい「長引く咳」

  • 長引く咳の患者さんが増えている
  • 咳の原因は、①反射・②のど・気道が敏感(イガイガ)・③気道が収縮・④癖(くせ)
  • 「本当のカゼ」は5日以内に治る
  • カゼの後遺症による咳は、最長でも3週間
  • 3週間以上続く咳は、「カゼではない」
  • 夜眠れない・仕事・日常生活に支障の出る咳は、早めに医療機関を受診
  • 豊富な経験に基づく診察、特殊検査、適切な治療を受けられるのが呼吸器内科!


Q まず、肺ってなに?

A 「気道(気管と気管支)」と「肺胞」を合わせたものが「肺」です

咳の原因・対策を知っていただくために、肺の構造と働きについて説明します。
空気の通り道の気管(きかん)は、左右の気管支(きかんし)、更に上・中・下に枝分かれて細くなっていきます。
細くなった気管支の先端は、風船状の「肺胞」(はいほう)につながっています。
肺胞は極めて小さく、左右あわせて3〜4億個になります。
【息を吸う】鼻・口⇒気管⇒気管支⇒細気管支⇒肺胞が膨らむ
【息を吐く】肺胞が縮む⇒気管支⇒気管⇒鼻・口から吐き出す

肺胞では、体に必要な酸素と不必要な二酸化炭素の交換が行われています。

気道と肺胞を併せたものがとなります。

肺の構造

肺胞の構造と働き



Q カゼって本当はどんな病気?

A のど・鼻・せきの3症状、同じ程度・同時に発症、一週間で良くなる

のど・はな・せきの症状が、同じ時期・同じ程度に起きて、2〜3日目が症状のピーク、7〜10日以内に良くなるウィルスが原因の病気です。
  • のど:イガイガ・軽い痛み
  • はな:透明でサラッとした鼻水(終わりがけに黄色)・鼻がつまる
  • せき:痰は出ない空咳(終わりがけに透明〜薄い黄色の痰あり)
  • 発熱は38度以下の微熱

  • 一方、3つの症状が程度でない場合は、カゼ以外が疑われます。
    • のどの痛みが強くて、水を飲み込むのも辛い→扁桃腺
    • はなが、膿のようにドロドロ、頬・目の奥・額が痛い・圧迫感→副鼻腔炎(ちくのうしょう)
    • せきで夜眠れない→気管支炎(熱が続く、膿のような痰が出る場合は肺炎も考慮)
    また、一度良くなった後、再び悪化した場合には、いつものカゼに引き続いて別の病気(扁桃炎・副鼻腔炎・肺炎など)が起きている可能性を考えます。


Q セキはどうして出るの?

A ①誤嚥に対する反射・②のど・気道が過(イガイガ感)③気道の収縮・④くせ

咳が出る原因は、以下の4種類です。
  • 反射
  • のど・気道が過敏
  • 気道の収縮
  • 心因性・習慣性
①反射
気道に異物が入った時の防御反射
→反射が低下すると誤嚥性肺炎
②のど・気道が過敏(イガイガ感)
わずかな刺激(温度差・におい・煙など)で、のど・気道が過剰反応
→長引く咳で受診される患者さんの最も多い原因
③気道の収縮(狭くなる)
気管支喘息・咳喘息では、気道が狭くなる事が刺激で咳が誘発
④心因性・習慣性咳嗽(意識的な咳)
いわゆる、習慣や癖で出る咳
→ストレスを感じた時に出やすく、寝ている間は出ない



Q どれ位「長引く」と心配?

A 3週間以上続く咳は要注意、「いつものカゼ」ではありません

咳は持続する期間により、以下の3つに分類されます。
  • 3週間まで
  • 3 ~8 週まで
  • 8週間以上
短期間の咳の原因は、ほとんどがカゼです。
カゼは鼻やのどにウィルスが付いて、微熱(37度前半)、体のだるさ、のどの痛み、くしゃみ・鼻水、鼻がつまる、軽いせきを自覚し、7〜10日で治るのが、本来のカゼです。

カゼの後遺症として咳が長引く場合もありますが、殆どの場合、3週間以内で治ります。つまり、3週間以上咳が続く場合は、カゼの後遺症の咳とは考え難く、咳の専門医である呼吸器内科への相談・受診が必要となります。

経過に基づく咳の原因

Q 3週間は様子を見るの?

A 「いつものカゼのせきとは違う」と思ったら、早めに受診を

咳でクリニックを受診されたデータをからは、咳が出始め~受診までの期間は1週間以内の方が最も多く、3週間以内に受診された方が50%以上でした。

  • 咳で夜寝られない
  • 会話をすると咳が出て止まらない
  • かぜ薬・咳止めが効かない
  • 内科を受診したが良くならない

こんな症状を我慢するのは禁物です。

これくらいのセキでも受診すべき?」と悩まれた場合は、電話(053−430−5111)にてご相談ください。

咳が出始めてから、クリニック受診までの期間


Q 何科にかかればよいの?

A 咳の診断・治療経験の豊富な「呼吸器内科」です!

長引く咳の原因としては、咳喘息が50%以上で最多です。

長引く咳の原因を診断する場合、
●詳しい問診
→長引く咳の診療経験が必要
●レントゲン写真
肺炎・結核・肺癌などを除外
●呼気中一酸化窒素の測定
→アレルギー性の咳を判定
●呼吸機能検査
→気管支喘息・咳喘息の診断に必須

このような専門的な診療を行うのが、呼吸器内科です。咳が長引く、あるいはいつもの咳と違うな!と感じた時には、呼吸器内科を受診してください。

咳喘息が長引く咳の原因第一位

新実彰男教授(名市大)のデータより

長引く咳には専門的な検査が必要です!


もっと知りたい【長引くセキ】について

  • 咳喘息の治療について
    「咳止めが効かない」「薬を止めるとまた咳がでる」こんな咳の治療でお困りの患者さんの悩みにお答えします。


これで解決!あなたのギモン

静岡県浜松市北区初生町381-2 交通アクセス
電話:053-430-5111
呼吸器・アレルギー専門クリニックです!
クリニック開院後、10,000人以上の呼吸器(気管支喘息・せき喘息・COPDなど)ならびにアレルギー(花粉症・食物アレルギーなど)の患者さんの診療に携わった経験に基づく「専門的な医療」を提供いたします。