グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  これで解決!あなたのギモン >  長引くセキ >  咳喘息の治療について

咳喘息の治療について


このエントリーをはてなブックマークに追加
咳止めが効かない
いつまで治療は続けるの?
結局、治るの

こんな咳でお困りのあなたの悩みにお答えします!


Q 咳止め」って結局なに?

A 脳にある咳中枢(せきちゅうすう)と肺のセンサーを抑える2種類があります

咳止め(鎮咳薬:ちんがいやく)は、大きく 3 つに分類されます。
  1. 麻薬性中枢性鎮咳薬
  2. 非麻薬性中枢性鎮咳薬
  3. 末梢性鎮咳薬
「マヤク!」と聞くとドキッとされると思いますが、麻薬にはいろいろな作用があり、その1つに延髄にある咳中枢(せきちゅうすう)の働きを抑える作用があります。この作用を利用して、副作用が余り出ないような量に調節して服用するのが、麻薬性鎮咳薬です。
1.麻薬性中枢性鎮咳薬
   ・コデイン
   ・ジヒドロコデイン
延髄咳中枢の反応を抑えて、咳を鎮めますが、依存性があります。
※依存性:いわゆる「くせ」になって止められなくなる事

2.非麻薬性中枢性鎮咳薬
   ・デキストロメトルファン(メジコン)
   ・チペピジン(アスベリン)
上の麻薬性と同様に延髄咳中枢の反応を抑えて、咳を鎮めますが、こちらは依存性はありません。

3.末梢性鎮咳薬
このタイプの代表的な薬は
   ・ベンゾナテート
肺にある受容体(センサー)の一部を抑制することにより咳を鎮めます。

咳の中枢を抑える

肺のセンサーを抑える

Q 取り敢えず「咳を止めたい」

A 「咳止め」は効きません!気管支を拡げる薬が咳を楽にしてくれます

咳喘息において咳が出る理由は、
①気道の表面にあるセンサーが刺激受ける
②末梢気道が狭くなる
この2つの刺激が、脳幹(延髄:えんずい)に伝わり、延髄から瞬時に、肋骨についている筋肉や横隔膜を動かして、「咳反射」が起きるためです。

いわゆる「咳止め」と言われている薬は、延髄の働きを抑えたり、センサーの反応を鈍くする事により、咳を鎮めますが、その効果が弱いため、咳止めは、咳喘息には原則効きません。また、バイ菌の繁殖を抑える「抗生物質」は無論全く効きません。
咳喘息では、息を吐く時に(末梢)気道が狭くなって、咳がでます。そこで、息を吐く時に気道が狭くならないような気管支拡張薬が咳喘息には有効となります。

気管支拡張薬には、以下の3種類があります。
  • 吸入薬(サルタノール・メプチンエアー)
  • 貼る薬(ホクナリンテープ)
  • 内服薬(テオドールなど)
  • 吸入薬は効果が出るまでわずか5分程度と、速効性があり、「咳を止めたい!」と思った時に大変有効です。
  • 貼る薬は吸入薬がうまく使えない方(例えば、ご高齢の方など)も問題なく、皮膚に貼るだけです(皮膚がかぶれ易い方には向いていません)。
  • 飲み薬は、効果が出るまでに時間がかかる、そして、手が震える、胸がドキドキする、体がフワフワするなどの副作用が出やすいため、お勧めできません。

吸入薬の使用法-動画(別ウィンドウ)

吸入療法を学ぶ動画です(ここをクリックしてください)

(環境再生保全機構が作成したビデオになります)

※なお、気管支拡張薬は、「吸入後のうがい」は必要ありません。

咳喘息に効く気管支拡張薬

メプチンエアー

サルタノール

ホクナリンテープ

咳喘息:気道の末端が狭くなり咳が誘発


吸入する気管支拡張薬の使い方を是非覚えて下さい


Q のど飴は効きますか?

A 咳の反射を抑える一時的な効果は期待できます

飴をなめると咳が少し楽になります・・・効いてるんでしょうか?」こんな質問を頂くことがあります。

のど飴にはいろいろな種類があり、
  • メントール・ハッカ等、のどを冷やす
  • 咳反射を起こす脳(咳中枢)の反応を抑える
  • 気管支を拡げて呼吸を楽にする
同じ「のど飴」と言っても、含まれている成分や効果は、それぞれののど飴で全く異なります。
また、「のど飴をなめる」という、のどに対する直接的な刺激が、咳反射を抑える働きがあるのではないかと推定されています。

「机の角に足をぶつけて痛い!」と感じても、別の場所をぶつけると、当初の場所の痛みが和らぐような事は、どなたも経験した事があるのではないでしょうか?

のど飴の効果



Q 効くクスリは何?

A 吸入ステロイド薬が、咳喘息の気道の炎症を改善します

気管支拡張薬で、咳は一時的に良くなります。
しかし、咳喘息の患者さんの気道には典型的な喘息の患者さんと同じようにアレルギー性(白血球の一種でアレルギー反応を起こす細胞の好酸球による)炎症が起きています。

そこで、この好酸球による気道の炎症を抑えるために必要不可欠なのが吸入ステロイド薬です。

「ステロイド」というと
「怖いクスリ」
「副作用が心配!」
と思われる方が多いかと思いますが、「飲み薬のステロイド」と比べると100分の1レベルの少ない量のため、長期間使用しても通常量であれば安全であることが確認されていますので、安心して吸入していただいて大丈夫です!

咳喘息の予後―気管支喘息の移行を防ぐには?

京都大学呼吸器内科が実施した「日本人の咳喘息の実態調査」の結果、吸入ステロイド薬が咳喘息の経過(予後)に《FONTSIZE=115》重大な影響を及ぼすことが判明しています。

  • 吸入ステロイド薬なし3~4割 が気管支喘息に移行
  • 吸入ステロイド薬あり:喘息への移行なし

咳喘息の早期診断および吸入ステロイド薬による治療の重要性を表す結果です。なお、短期間で治療を中断してしまうと咳喘息は再発しやすい傾向があります。

各種の吸入ステロイド薬

パルミコート

アズマネックス

フルタイド

キュバール

オルベスコ

気道の炎症を抑える
吸入ステロイド薬


水面下の気道の炎症の改善、気管支喘息への移行を防ぐために吸入ステロイド薬が重要です


Q 「合剤」ってなんですか?

A 吸入ステロイド薬と気管支拡張薬を一度に吸入できる:一石二鳥のクスリです!

咳喘息は「気道の好酸球性(アレルギー性)炎症」と「気道の先端の閉塞」が特徴的な病気です。

吸入ステロイド薬は気道の好酸球性炎症を改善しますが、「話をしても咳が出ない」「これで安心して眠れる」「かなり楽になりました」とその効果を患者さんが実感できるようになるまで、数日ないし4~5日程度はかかります。
「ジワジワ」とゆっくり効いてくるため、「スッキリ咳が止まった」といったいわゆる速効性を感じにくいのが欠点です。

その結果、「この薬はあまり効かないなあ・・・」と患者さんが判断(過小評価)し、ご自分の判断で中止してしまう事が少なからずあります。本来、咳喘息の根底にある好酸球性炎症を改善するための吸入ステロイド薬が続けられないと、咳喘息が改善しないばかりか、気管支喘息への移行を助長しかねません

一方、咳喘息の咳が出る原因である気道の閉塞を改善する吸入気管支拡張薬は、吸入直後から効果が出るため、「これは効く、セキが楽になった、このクスリ続けよう!」と患者さんが実感できる長所、つまり速効性を持っています。
ただし、咳喘息の根本的な原因である気道の好酸球による炎症には無効なため、吸入の気管支拡張薬だけで治療をしていると、好酸球による気道の炎症は徐々に悪化してしまいます。

そこで、気道の好酸球性炎症を抑える吸入ステロイド薬と気道の先端の閉塞を改善する気管支拡張薬を一度に吸入することのできる合剤が咳喘息の治療薬として重要な役割を果たしています。

4種類の合剤

レルベア

アドエア

シムビコート

フルティフォーム

気道の炎症を抑えて、広げる
これぞ、「一石二鳥」!

特に咳の症状が強い時、つまり「毎日咳で辛い!」「咳で目が覚める!」「この咳を何とかして!」と思ってクリニックを受診された時は、合剤を開始することにより、自覚症状の咳が速やかに治まり、水面下にある気道の炎症も徐々に改善されていきます。

改善の早い方では治療を開始した当日(!)、遅くとも4~5日までには、多くの患者さんが「とてもよく効いた、話をしても咳き込まない!」「咳で目が覚めない、朝までぐっすり眠れる」「もっと早く専門医・呼吸器科を受診すればよかった」とその効果を実感されています。

各種合剤の吸入法-動画(別ウィンドウ)


早く効果が実感できる!そして気道の炎症を改善する合剤はイチオシの薬です!


Q いつまで治療するの?

A 治療期間はそれぞれの患者さんで異なります

いつまで続けるの?

初めて受診された患者さんに対して、結果の説明は医師から以下のように説明をします。
「今日の診察・検査結果からは、あなたの咳の原因は咳喘息です(あるいは、咳喘息が強く疑われます)。」
「先ほど説明した治療を開始しましょう。何か疑問な点、あるいは気になる点はありますか?」と質問すると、患者さんからの圧倒的に多い質問は以下の二点です。

  • 「咳が止まったら(良くなったら)薬は止めても良いですか?」
  • 「いつまで治療はすれば良いですか?」

治療により、殆どの咳喘息の患者さんの咳は速やかに軽快します。
しかし、薬を減らしたり、一旦止めると、咳喘息が再発してしまうことが少なからずあります。

咳喘息の再発パターンと標準的な対策

ある一定の時期・季節だけ繰り返す方 治療を止めるとすぐに再発する方
症状のある時だけ治療

症状が出る前から予防的に治療開始
※2~3か月ごとに治療内容を検討
吸入ステロイド薬以外の薬を減らす

吸入ステロイド薬を徐々に減量

吸入ステロイド薬を最低量まで減量

吸入ステロイド薬の中止を考慮
咳喘息の患者さんに上記の提案しますと、「エッ、そんなに長く治療するの?」「今回、初めてなったんですよ…」「こんなに良くなったから、今日で終了かと思った」との意見がほとんどのように思われます。

そこで、当クリニックの提案です!

  • 咳が出ている間は、治療を継続しましょう。
  • 咳が全く無く、各種検査の結果が正常になったら治療の中止も考えましょう。
  • 治療の中断後に、咳喘息が再発したら速やかに受診して治療を再開しましょう。
  • 治療の中断後に、再発を繰り返す場合は、必要最小限の治療を続けましょう。


上記の様に提案しています。呼吸器専門医の中でも、咳喘息の治療期間に関しては結論が出ていません

それぞれの患者さんの病状、ご希望を踏まえて、納得していただけるような治療の提案を心がけております。


Q 結局、治るの、治らないの?

A 「必ず治ります」と現状ではお答えできませんが・・・

「本日の診察で、心配な点はありますか?」と診察終了時に咳喘息の患者さんに質問すると
えー、私は、セキゼンソクなんですね・・・結構ショック
治りますよねえ、一生お付き合いじゃないですよね?

そんな風に質問される患者さんがかなりお見えになります。
咳喘息が起きる原因は、遺伝的な(持って生まれた)体質、環境(居住地、家屋など)+αがあると考えられています。

治れば良いなあ・・・

風邪・インフルエンザ、アレルギー暴露(ホコリ・花粉・動物のフケなど)、環境(黄砂・PM2.5、タバコ煙、香水、線香の煙)、気候・天候の変化、過労、ストレスなど多くの要因により咳喘息は悪化します。

このように簡単に変えることはできない体質と多くの咳喘息を悪化させる要因が身の周りにあるため、吸入ステロイド薬や気管支拡張薬の合薬により、咳喘息のコントロール(症状を無くする事)は可能でも、二度とならない・完治させることは難しい方がほとんどです。

しかし、一昨年から保険診療が認められた花粉症を治すための治療スギ・ダニに対する舌下免疫療法は、かなりの効果(3割の方が、スギ花粉の飛散時期にも薬がなくても症状が出ない、+4割の方が薬を減らせる、併せて7割の方に有効です)が確認されています。

このような昔で言う体質改善の治療が気管支喘息や咳喘息の治療法として有効であることの確認ならびに保険診療として認可される日もそう遠くないと思われます。更に、「なぜ、症状は無くすことができても再発するのか?どうして治せないのか?」が精力的に研究されています。

アレルギーに関連した病気の解明は日々進んでいます。

気管支喘息・咳喘息を治せる(完治)治療法の発見される日が来ることが待ち望まれます!


もっと知りたい【長引くセキ】について

  • セキが止まらない!
    「咳(せき)が止まらない!」「仕事中に咳が出て困る」「咳で眠れない」こんな患者さんが増えています。


これで解決!あなたのギモン

静岡県浜松市北区初生町381-2 交通アクセス
電話:053-430-5111
呼吸器・アレルギー専門クリニックです!
クリニック開院後、10,000人以上の呼吸器(気管支喘息・せき喘息・COPDなど)ならびにアレルギー(花粉症・食物アレルギーなど)の患者さんの診療に携わった経験に基づく「専門的な医療」を提供いたします。