グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  これで解決!あなたのギモン >  ぜんそく(喘息) >  ゼンソクってなに?

ゼンソクってなに?


このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼンソクは、実はこんな病気だったんです

  • 好酸球による気道の慢性的な炎症
  • 「ゼーゼー・ヒューヒュー音が聞こえる息苦しさ」が特有の症状
  • 就寝時〜明け方に咳・息苦しさ
  • 大人になってからの発病が60%
  • カゼ、天候・気候の急な変化、運動が3大悪化原因
  • 問診・呼吸機能検査・呼気中一酸化窒素の測定で診断
  • 大人で治る(寛解)のは10〜15%くらい


Q 肺ってなに?

A 気道(気管+気管支)と肺胞を併せて「肺」と呼んでいます

咳の原因・対策を知っていただくために、肺の構造と働きについて説明します。
空気の通り道の気管(きかん)は、左右の気管支(きかんし)、更に上・中・下に枝分かれて細くなっていきます。
細くなった気管支の先端は、風船状の「肺胞」(はいほう)につながっています。
肺胞は極めて小さく、左右あわせて3〜4億個になります。
【息を吸う】鼻・口⇒気管⇒気管支⇒細気管支⇒肺胞が膨らむ
【息を吐く】肺胞が縮む⇒気管支⇒気管⇒鼻・口から吐き出す

肺胞では、体に必要な酸素と、体に不必要な二酸化炭素の交換が行われています。

気管から細気管支までを気道、気道と肺胞を併せたものがとなります。

肺の構造

肺胞の構造とガス交換



Q 気道はどうなっているの?

A 上皮細胞(表面を覆う)と腺細胞(潤いを与える)

気道の内側には、線毛(せんもう)を持っている表面を覆う細胞(上皮細胞)と粘液を分泌する細胞(腺細胞)があります。

上皮細胞の線毛は、異物や余分な分泌物を体の外(口の方)に押し出すような運動(上りのエスカレーターのような)を繰り返しています。

腺細胞は粘液(涙・唾液と同じような成分)を分泌して、気道に潤いを与えています。

気道の構造



Q ゼンソク患者さんの気道は?

A 気道の炎症と過敏性が喘息の特徴

喘息患者さんの気道は、慢性的(症状がなくても常に)に炎症(えんしょう)が起きてています。
皮膚に例えると、気道の表面が肌荒れを起こした様な状態となっています。
炎症を起こしている気道は、
  • ほこり・動物のフケ(アレルギーの原因物質)
  • 冷たい空気
  • タバコの煙
  • 過労・ストレス
色々な刺激に敏感に反応し、喘息発作、つまり咳・痰・ゼーゼー、ヒューヒューする息切れを感じます。
この気道が過剰に反応しやすい状態を気道過敏性(きどうかびんせい)と呼びます。
自分で感じる息苦しさは「氷山の一角」!

気道の炎症と過敏性が発作を誘発する

A ヒューヒューするのはなぜ?

A 気道のむくみや周りの筋肉が縮んで、気道が狭くなるためです

気管支喘息の発作時には、以下の2つの変化を起こします。
  • 気道の炎症が強くなる
  • 気道平滑筋が縮む
喘息の発作時には、気道の炎症の悪化により、気道の壁が浮腫(むくむ)、気道の内側に分泌される粘液が増える、更に気道の拡がり具合を調節している周囲の筋肉(平滑筋)が縮みます。
この気道の浮腫分泌物の増加気道の平滑筋の収縮の3つの要素により、気道が狭くなります。
気道が狭くなると、空気の流れに乱れが生じ、のど元・胸元で「ゼーゼー・ヒューヒューする音」、つまり喘鳴(ぜんめい)が発生します。

なお、咳が続けて出ること・痰がのど元に絡む状態を「ゼコゼコする」という表現をされる患者さんが時々お見えになりますが、これは喘鳴とは異なります。
患者さんに「のど元や胸で、耳で聞こえるような音がしていましたか?」と確認すると、喘鳴の無い方は、「音はしないですね」と回答されます。

Q 喘鳴が無くても喘息?

A 気道が60%まで狭くなると喘鳴(ヒューヒュー音)が発生します

ヒューヒュー・ゼーゼーなんて感じたことないのに、ゼンソクって診断された...」

喘息は、喘鳴(ぜんめい:ヒューヒュー・ゼーゼーとした音)を伴った呼吸困難(息苦しさ)を自覚するのが、特徴的な病気です。

喘鳴は、気道が60%以下まで狭くならないと発生しません。また、主に息を吐く時に聞こえます。
喘息は、夜間に悪化することが多いため、症状の落ち着いた日中は無いことが殆どです。そのため、
患者さん「昨日の夜は、ゼーゼー息苦しかった…喘息ですか?」
医師「今は音はしていないね…苦しい時でないと喘息の診断は難しいんですよねえ」
患者さんの心の声「でも、クリニックは夜閉まってるし…」
こんな事にならないために、詳しい問診・各種の検査が喘息の診断には必要となります。

Q 夜苦しくなるのはなぜ?

A夜は、 気道が狭くなりやすい・アレルギー反応が起きやすいから

昼間は良いんだけど...夜になると調子悪い、今晩もまた苦しくなるのかなあ…
夜になると、なぜ喘息は悪化するのでしょうか?それには、次の4つが関連しています。
1.交感神経と副交感神経のバランス
活動する昼間は、体に十分な酸素を取り入れるために交感神経(アクセル)が働いて気道は拡がります。一方、夜間は、体を休めるために副交感神経(ブレーキ)が働いて気道は狭くなります。
2.気道の炎症
夜は気道の炎症が強くなって、①気道の表面が腫れる・②分泌物が増える・③気道周囲の筋肉が縮みます。
3.ダニ・ハウスダスト
寝具(ふとん・まくら)に着いているダニ・ほこりを吸って、気道にアレルギー反応を起こします。
4.後鼻漏・鼻閉
鼻水がのどに垂れてくる後鼻漏(こうびろう)、鼻の通りが狭くなって口で呼吸する事によって、のど〜気道を刺激します。

夜苦しくなる4つの原因とは?

副交感神経が活動
気道を狭くする

気道の炎症が
強く起きる

ダニ
(布団・枕)

後鼻漏
鼻閉・口呼吸

Q どうやって診断するの?

A 問診・レントゲン・肺機能・呼気中一酸化窒素で診断

根拠に基づいた診断の手順が重要です

  • 喘息に特徴的な症状の有無を問診
  • レントゲンで異常な影が写る病気の除外
  • 息を吐く時に気道が狭くなるかどうか?
  • 気道の炎症の確認


気道の周りには血液が流れていてます。血液の中には、酸素を供給する赤血球、出血を止める血小板、そして白血球の3種類が流れています。

そのうち、白血球は更に5種類に別れていて、役割が異なります。この5種類の白血球の中で、喘息に最も関連しているのが好酸球(こうさんきゅう)です。血液中の好酸球が、色々な原因で気道に集まってくると、気道の表面が肌荒れ(気道の炎症)したような状態になり、刺激(冷気、会話、煙・臭い等)に対して、気道が過剰に反応(気道過敏性)して、咳・痰・息苦しさが生じます。

好酸球による気道の炎症が起きているかどうかは、の検査、気管支鏡検査(胃カメラと同じような検査)で確認していました。
しかし、痰はいつでも出せるわけではなく、全く痰の出ない(うまく出せない)方も少なくありません。また、気管支鏡検査は入院が必要な検査で、外来では通常できません。

しかし、最近では、わずか10秒間息を吐き出して、吐き出した(呼気)息の中のに含まれる一酸化窒素(FeNO)の濃度を測定することにより、好酸球による気道の炎症の有無を診断する事ができるようになりました。

「好酸球」が気道に集まると、気道の一酸化窒素の産生量が増えます

診断に必要な4つの検査

問診

レントゲン写真

肺機能検査

呼気中一酸化窒素



Q どんな時に悪くなるの?

A カゼ、気候の変わり目、運動が3大原因

第1位:カゼをひいた後
第2位:天候・気候の急な変化
第3位:運動した時・した後

最も喘息発作を起こしやすい原因はカゼです。
カゼをひいてしまった(微熱、のどの痛み、くしゃみ・鼻水・鼻詰まり等)当日に喘息が悪化する方は2割程度、カゼを引いた2~3日後に喘息が悪化する方が5割以上でした。つまり、カゼを引いた当日より、2~3日後の方が喘息発作が起きやすい事には注意が必要です。
その他ではアレルギーの原因(ホコリ・動物のフケ・カビ)が身近に増えた時、(タバコ、線香)・臭い(香水・柔軟剤)、過労・ストレス、笑う・泣く等がありました。
また、食品(ソバ・ピーナッツなど)、、薬(痛み止め・解熱剤)も喘息を悪化させる危険性があります。

なお、女性の喘息患者さんの2~3割の方では、生理の前後に喘息が悪化する傾向がありました。



Q 子供の病気じゃないの?

A 20歳を過ぎて喘息になった方が半分以上(約6割)です

喘息は、子どもの病気と思われている方が多いのではないでしょうか?「あなたの喘息が初めて起きたのはいつですか?」と質問した結果、
  • ~19歳:4割
  • 成人(20~44歳):3割
  • 中高年(45歳以上):3割
成人と中高年を併せると6割、つまり、半数以上の喘息患者さんが、大人になってから初めて喘息を発症していました。
特に最近は、中高年になって初めて喘息発作を自覚される方が増加しています。
「この頃、いつものカゼが長引くようになった..歳のせいかなあ?」
いいえ、その長引くカゼは喘息かもしれません!

初めて喘息が起きた年齢は?




Q 喘息は「遺伝」しますか?

A アレルギーを起こしやすい体質が遺伝します

喘息は遺伝するのではないか?と心配されている方が多いのではないでしょうか。
最近の研究の結果では、喘息が遺伝するのではなく、アレルギーを起こしやすい体質が遺伝すると考えられています。
遺伝の関連が強く疑われる、つまり、ご家族の中に喘息の方がいる割合は5割でした。内訳としては、父親あるいは母親が喘息と回答した方が、それぞれ2割でした。
喘息の発症には、遺伝以外にも以下のような要因が関連しています。
  • アレルギーを起こしやすい物質(ダニ・動物・カビ・ゴキブリなど)が身の回りに多い
  • 環境(大気汚染)
  • タバコ
  • 精神的要因(ストレス・疲労)
なお、若い女性の喘息患者さんは、「自分の喘息が子どもに遺伝するのでは?」と心配される方が比較的多く見えますが、当クリニックでは次のように説明しています。

「体質以外の影響も結構あります。お子さんの体質への影響は、お母さんとお父さんの影響はほとんど一緒ですよ。」

どなたが喘息ですか?



Q 治りますか?

A 「必ず治りますよ」とは言えませんが、「治る可能性」はあります

「本日の診察で、心配な点はありますか?」と診察終了時に喘息の患者さんに質問すると
「私の病気はゼンソクなんですね…結構ショック」
「でも、治るんですよね?まさか一生お付き合いじゃないですよね?」
そんな風に返答される患者さんがかなりお見えになります。

最近の調査の結果では、大人になってから発症した喘息患者さんの6人に1人(15%)が5年後に寛解(かんかい:通院や治療の必要性がない状態、ただし、その後の人生で、喘息が再発するかどうかは、はっきり断言はできない)していたことが報告されました。
一方、気道が敏感に反応しやすい体質、鼻茸(はなたけ、鼻の中のポリープ)がある喘息患者さんは、ほとんど寛解しませんでした。

喘息が治らない理由と今後の見通し


喘息が起きる原因は、体質+α(未だ解明されていない要因)と考えられています。また、風邪・インフルエンザ、アレルギー物質の暴露(ホコリ・花粉・動物のフケ)、環境(黄砂・PM2.5、タバコ煙)、気候・天候の変化、運動、過労、ストレスなど、喘息を悪化させる原因が身の回りにはたくさんあります。

このように、簡単には変えられない体質と、避けることが難しい、多くの喘息を悪化させる原因が身の周りにあることが、喘息を治すことが難しい原因と考えられています。

一方、喘息と同じアレルギーの病気であるスギ花粉症に対する舌下免疫療法(スギの花粉に対して、過剰に反応しやすい体質を改善させる治療法)では、3割の方が、花粉症に対する薬が無くても症状がほとんど出ない、4割の方が薬を減らせる、つまり、両者を併せた7割以上の方が、舌下免疫療法の効果を実感できることが報告され、病気のコントロールではなく、花粉症を治すことを目標とした治療法として大変注目されています。

また、気管支喘息では、慢性的に好酸球による気道の炎症が起きていますが、これまでの吸入ステロイドを主体とした治療で、好酸球の気道炎症をコントロールできない重症の気管支喘息の患者さんには、好酸球に対する抗体療法(体から、好酸球を取り除く)により、目覚ましい効果が得られています。

「どうして喘息を根本的に治すことができないのか?」は、日夜精力的に研究され、その解明が確実に進んでいます。



【院長コラム】 喘息患者さんは、どうして治療を続けるのが難しいのでしょうか?

継続は力なり

喘息は、たとえ症状がなくても慢性的に気道の炎症が続く病気です。

小児喘息の内、半数以上の方が、成人するまでに無症状、そして治療の必要性がなくなります。しかし、一旦喘息が治ったように思えても、カゼ、季節の変わり目・天候の急な変化、過労・ストレス、あるいは喫煙を始める事等をきかっけに、突然再発することは残念ながら、稀ではありません。

実際、当クリニックに受診されている患者さんの約半数は、「過去に喘息は治ったと思っていた期間」を経験しています。喘息が再発した場合、「今回はたまたま…」「体調がちょっと悪かっただけ」と考え、一旦症状が落ち着くと「そろそろ治療を止めたいのですが…」とおっしゃる方がほとんどです。

一方、同じ慢性の病気である高血圧の患者さんの多くは「一度、高血圧の治療を始めたら、一生続けないとダメ」と認識しています。これは高血圧は、元々自覚症状は無いことが多い、脳卒中や心臓病など命に関わる病気と高血圧が強く関連していることをご存知の方が多いため、「症状が無くても治療は続ける、中断すると(多分)悪い結果(脳卒中・心臓病)を招く、治療を続けていれば(きっと)防げる」と思って、症状がなくても、当然の如く(あるいは、渋々?)治療を継続しています。

一方、喘息は自分で調子が良いかどうかがわかる(自覚症状)反面、水面下にある気道の炎症の存在は認識できません。治療によって、自覚症状がなくなると「喘息が治った」「症状がないのになぜ治療が必要なの?」と、自覚症状があるが故に、治療の継続の受け入れを妨げています。また、仮に、治療を中断した後に程なく喘息の症状が出ても、治療の再開により速やかに自覚症状が良くなるため、「大丈夫、調子が悪くなったら、治療を再開するれば良い」と、治療の再開と自己判断による治療の中断が繰り返される傾向があります。

そんなことを繰り返していると、いつか入院をするような大きな発作を起こしますよ!」、「調子が悪い状態を繰り返してると、気道が狭くなって元に戻らなくなり、常に息苦しくなりますよ」、あるいは「今でも年間1,500人以上の方が喘息で命を落としていますよ!」と、いわば「脅かして(?)治療を継続させる」方法は、呼吸器科医として…気が引けます。
この点について、他の医師と話をすると「君は甘い!キチンと現実を説明して、治療の継続を促すべきだ!」と厳しいお叱りを受けることがあります。
一方、「喘息は治らない病気です。良好なコントロールを目指して、一緒に頑張って治療を続けていきましょう」と説明するのはどうですか?と別の医師に問うと、「なぜ、あなたは、治らないなんて患者さんをガッカリさせるような事を言うの?」と非難されることもあります。
日々、目の前の患者さんを診察しながら、その答えを探す毎日です。


もっと知りたい【ぜんそく(喘息)】について



これで解決!あなたのギモン

静岡県浜松市北区初生町381-2 交通アクセス
電話:053-430-5111
呼吸器・アレルギー専門クリニックです!
クリニック開院後、10,000人以上の呼吸器(気管支喘息・せき喘息・COPDなど)ならびにアレルギー(花粉症・食物アレルギーなど)の患者さんの診療に携わった経験に基づく「専門的な医療」を提供いたします。